合格はスタートだ

最年では、税理士試験に合格しているのに独立できないというに人や、独立したものの、この先どのように進んで行っていいのかが分からないという人が多くなっていると言われています。そういう人は、とにかく試験に受かることが目的となってしまっていたのではないでしょうか。

私自身もその気持ちはよく分かります。それは、私も独立した当時は「生活できればいい」くらいにしか考えてなかったと言えるからです。心のどこかでは事務所が大きくなっていったらいいなぁという考えもあったのですが、実際には特に努力して発展させようということもなく、何となく日々を過ごしていたと思います。

きっかけとなったのはスタッフを雇い始めた時と言えるでしょう。従業員が自分だけという環境は、苦しくも気楽な環境だったということに気付いたわけです。事務所の問題が自分だけでなくスタッフにまで影響を与えるという自覚から、お客様が必要とする事務所に発展していかなければならないと考えるようになりました。

必要とされるために

考え始めたものの、正直言って具体的に何をすればいいのかがわからず、とにかく営業系のセミナーを受講しまくってみたり、地域のボランティア活動などに参加してみたり、必要としている方に税理士を安い価格で紹介するといったサイトもありましたので、そこに紹介される側の税理士として登録を行ったりと、とにかく思いつくままに片っ端から実行してみたのを覚えています。

多面的に仕事を開拓するためにも、普通なら税理士の仕事ではないというようなことにも積極的に飛び込んでいきました。もちろんその全てが無駄とは言えませんが、手当たり次第に動く前にもう少し考えられなかったのかと今は思っています。

ある時ふと我に返って「必要とされること」という点について考えた時、なにを目的にすればいいかという考えに至りました。そして、これまでの自分の行動は自己満足に近かったのではないかと反省しました。

目的としてシンプルに思ったのが「お客様に感謝される事務所」という点でした。そしてそこからは、その目標を達成するためにどういった事が必要かということを真剣に考えるようになったのです。

会計事務所という存在、自身の社長という役割、ふさわしいコミュニケーション、会計や税務の仕事内容を正確に知り、自覚するために税法や税務調査の勉強を続けることなどを細かく考えていきました。

こういった経験を踏まえてから仕事の効率などを考えていくと、これまでの時間の使い方に比べ、格段に仕事効率が上がったことも驚きました。そのおかげでさらにスタッフを雇ったり、長年働いてくれているスタッフが少しでも早く一人前に活躍できるよう考えたりということにまで考えを働かせられるようになっていったのです。

会計事務所

税理士試験に合格したからといって、会計事務所の仕事を理解しているとは言えないのではないでしょうか。なぜならば、実際にお客様が存在し、お客様それぞれの要望は多種多様であるからと言えるでしょう。そこを踏まえた上で「お客様に感謝してもらう」というのは、どれほど大変な事か想像はつくでしょう。

どれだけテストの点数が良くても、コミュニケーションが取れずにお客様を不快にしてしまっては元も子もありません。つまり、実際に働いていく中で出来るだけ早く会計事務所や会計事務所の雰囲気や仕事をする上で大切にしておくべきポイントといったものなどを身につける必要があると言えるでしょう。

そういったものを考えた上で、お客様目線に立つことで、自分たちの行動や目指すべきところが見えてくると言えるでしょう。このように考えると、税理士という仕事はどこか医者の仕事に似ていると言えるのではないでしょうか。

医者というのは直接的に患者さんの命にかかわる仕事と言えますが、反面、もし患者さんが亡くなってしまっても自身の命には影響はない職業と言えるでしょう。だからこそ医者を目指す人にはより高いモラルや責任感が必要とされる大変な仕事と言えるのではないでしょうか。

では税理士の仕事を見てみましょう。例えばお客様の会社が倒産してしまったとしても、会計事務所は潰れません。しかし「倒産しても関係ない」という税理士はいないのではないでしょうか。ここが大切なポイントで、自身がどういった税理士になっていきたいかということを考える上で重要な所とも言えるでしょう。

例えば自分が患者だったとしたらという質問にしてみるとわかりやすいでしょう。患者目線で医者のふるまいを考えることは、お客様目線で税理士を考えることと同じと言えるでしょう。理想像を具体的にしっかり思い描けるのであれば、あとはそこに向かって突き進むだけです。

環境などによっても抱える問題などは変わるため、自分の立場や役割を見つめ、より具体的なビジョンを持つことで行動も起こしやすくなるでしょう。