税理士はどんな仕事をしているの?

税理士がどんな仕事をしているか、はっきりと分かる人は少ないと思います。普段の生活で税理士と関わることがないので仕方ありません。税理士というとどんなイメージがあるでしょうか。税理士の近くで働いている人たちと、一般人との間には税理士へのイメージがかなり違うようです。一般人からすると、なんとなく税理士さんというと、中高年以上の男性で、堅くてまじめというイメージがあります。また、税理士さんも、働いてみて税理士のイメージが変わったという人も多いようです。たとえば、中小企業を多く顧問先に持つ比較的大規模な事務所で働いていると、スタッフを雇って、顧問先を多く持って、日々営業と事務所のスタッフの教育に走り回るというイメージを持つそうです。でも、現実の税理士業界では、多種多様な税理士が存在しています。税理士は、それぞれの個性、得意分野を活かすことができます。そしてライフスタイルと折り合いをつけて、仕事をこなしていきます。ひとくくりで税理士の生き方を語ることはできません。例えば、税務署OBの税理士の場合、税務署退官後に税理士として独立するのですが、こちらは男性が多いようです。税務署出身という経歴を活かして、税務調査に強いという特徴があります。こういう人たちには、通常の顧問税理士にプラスして税務署OB税理士に顧問を依頼する会社もあるようです。業界用語で「2,3階建て」というのは、2人目、3人目の税理士を税務署OBに委嘱することをいいます。また、税務署OBの税理士は、「税法や会計の知識が怪しい」と誹謗中傷されることがあります。もちろん税理士受験組よりも知識を持つ人たちもいますし、税務署の事情にも詳しいという人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*