税務署類の作成の深い意味

税務書類の作成で、依頼者が口頭で話したことを正確に書面にすることを代書と呼びます。この代書も書類作成の一種ではありますが、税理士が行う税理書類の作成は、こうした代書ではなくて、税理士自身の判断や見識に基づいて行います。申告書というのは、確定申告や決算の時期、年1回の月次業務が不可欠となります。税金というのは、所得に対してかかるものです。税務署類の作成をするのに、売上の金額や経費を把握するため、帳簿や請求書、領収書などの資料のチェックが必要となります。この請求書や領収書を一気に一年分を渡されて、計算して申告をするとなると、とても大変です。その上、やるべきことをやり忘れてしまっていることも気づかないで、一年すぎることだってあります。これでは税理士自身の判断や見識に基づいて税務署類を作成するのは、不可能になってしまいます。そこで、多くの場合、企業などの納税者と月次顧問契約を結びます。税理士が顧問先を訪問して、その事業の状況を随時把握するように努めます。こういったことを月次業務といいます。月次業務は、顧問先の伝票整理や試算表の作成、総勘定元帳の作成といった経理状態の把握をしたり、給与計算、給与明細作成、源泉所得税納付書の作成といったことをやります。直接、税に関する業務を委任された範囲内で行うということです。毎月行う月次業務、そして年に一度に行うのが、年次業務といいます。申告書の作成というのは年次業務に含まれます。具体的には、決算書の作成、所得税や消費税だけではなく、法人税、地方税などについての確定申告書を作成して、それらを申告します。税理士の仕事というのは、顧問先との日常的な関わりが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*