税理士の大変なところとは

育休から復職して、現場に戻った税理士さんはどんな働き方をするのでしょうか。育休から戻るといっても、子育ては続きます。子どもが急に風邪をひいたりすると、急遽、休みを取らなければならないということもあります。育児休暇から復職して、時短勤務をする人も多いようです。税理士は、常に期限を意識しなければなりません。日々の業務もその期限を意識して進めていきます。子育てをしながらの業務は残業することが難しいものです。大手の法人の場合、そういったところも考慮して業務量を調整するということもできるようです。それでもスケジュールどおりにはいかないものです。そういった場合は、家族の協力が必要となります。残業をしたり、自宅に持ち帰るということもありますが、その場合、重要な情報を扱うということで、会社で自宅用パソコンを貸与されることもあります。税理士事務所の中には、このようなバックアップをしてくれるところもあります。また、子どもの風邪など、さまざまなハプニングにも対応しなくてはなりません。これは体力的にも精神的にも厳しいともいえます。また、仕事が忙しく休むのが難しいときに子どもが病気になることもあります。母親の精神状態が伝わって、子どもの精神状態も不安定になることもあります。ママだけではどうにもならないときも多いのが実際です。家族の協力があるのは必要とともに、また、会社の理解も必要ということになります。税理士の仕事というのは、期限が絶対で、それを伸ばすというのはできないものです。期限に合わせて税理士の業務のスケジュールも決まってくるので、会社の方の理解は本当に大切になります。また一緒に働く人たちの理解も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*