税理士の適切なアドバイスとは

中小企業というのは、絶対に生き残らないといけないかというとそうではないという人もいます。事業を続けるためには、現状維持だけでなく成長を続けていくことが必要です。それには事業から生まれた利益を再投資に回さないといけないわけです。これはどれだけ再投資に回すかというのは、正しい数字のものに、考えていかないといけません。正しい試算表をもとにして、利益がでているかどうかを把握するのです。ただ、中小企業の中には、撤退を考える方がいい場合もあります。適切なかたちでやめられるというのも大事なことです。一方で、こういった決断をするのに使えるデータの収集というのはとてもむずかしいものです。検討すべき論点もきちんと押さえておくことも重要です。そういったことをきちんとしていけば、決算書も正しく作成することができます。銀行が融資をするとか、取引先が財務チェックをしたいというときに、正しいデータを出せるというのは、社会の安定のためにも大切なことだと言う人もいます。自己流の方法で会社を続けていいのかどうか心配という経営者もいます。そういった経営者にただしい決算書を作る大切さと、アドバイスというのも税理士の大切な仕事です。会社を目に見える形にするのです。事業をしていて資金がないというのは不安です。何事も先手を打てるような資金があれば、心も余裕がでます。手元資金を潤沢にする方法をアドバイスすることができるのも税理士です。銀行から、融資がしたいと思われるような決算書というのは正しい決算書のことです。正しい決算書を作ると事業が回ると言われています。税理士はこういったことに直接関われるやりがいのある仕事だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*